ハンドメイド イン ジャパン フェス 2016に行ってきたよ!

思いつきで行ってみました「HandMade In Japan Fes 2016」! 東京ビックサイトで7/23(土)、24(日)に開催。 23(土)に行ってきました。 最近、手作りしたモノをネットで売るっていうの、流行っているじゃないですか。 『ミンネ』 そんな流行を受けて、ハンドメイドフェスは登場しました。 だからハンドメイドフェスは今年で4回目というフェスとしては新しめ。 フェスの様子。 CP+とかコミケ、おもちゃ博なんかに比べ、とてもおとなしい大人なフェスって感じ。 そんなに混んでもいなくって、とても過ごしやすかったです♪ 会場では様々な体験ができるんです。 シルクスクリーンの体験です。 シルクスクリーンって、板?にインクが通る穴、通らない穴を作って印刷する技法なんだそう。 何枚もプリントで同じ絵を刷れるのが便利なんです。 あの有名なアンディウォーホルの絵もシルクスクリーンで作られたんですって! 出店していたおねーさんが懇切丁寧に教えてくださいました。 絵はがきとか売りながら、こうやってデカい絵をリアルタイムで書き続けている人もいました。 こんなユニークなお店もww もうちょっと若かったら、きっと勢いで買っていたなっていう商品が目白押し! 会場の一角ではライブも。 なかなかに盛り上げてくれてましたよ。 (ボクはこれが一番面白かったww) 会場は2、3時間…

続きを読む

【使ってみた!】セブンイレブンの折りたた傘は安い!軽い!便利!

きっかけは電車の中に傘を忘れていったことでした・・・(遠い目) 折りたたみではない普通の傘。 今まで何本の傘たちを電車へ捧げてきたことだろう。 電車内のシートのハジに座ったりすると、ついつい傘をかけちゃうんですよねー。 あの手すりのところに(汗) んで、ウトウト、ウトウト。。。 プルルルルッ!(電車の発車音) はっ!!(降りなきゃ!) バタバタバタッ! あっ!!!(傘忘れた!) プシュー・・・(電車の扉が閉まりました) チーン この方程式ですよ。 つい先日もこの方程式によって、主人を失った日傘が誰も座っていないシートの横でゆらゆらといつまでも揺れてましたねww もう嫌なんです。。。 そこで人生初の折りたたみ傘にかえてました!! 折りたたみ傘、最高! その出会いはあまりに突然でした。 電車内に傘を捧げたその日の仕事帰り。 天気予報通りに雨が降り出しました。 しかし、ボクには傘がない! たまたま近くにあったセブンイレブンでビニール傘を買おうと入ったとき、その折りたたみ傘に出会ったのです。 いやー、便利ですわ。 折りたたみ傘(笑) 買ったのはセブンイレブンブランドの折りたたみ傘です。 ・デザイン 店頭には黒とオレンジの2種類がありました。 黒を買ってみましたが、シックで品質の良い厚手のビニール素材で覆われていて、とてもシッカリした作り。 高級感があります。 …

続きを読む

ボクの中の徳川慶喜像

桜が満開だったとき、ボクは上野公園から谷中霊園にかけてカメラ片手にお写ん歩をしました。 『上野公園の桜、谷中霊園の桜、谷中銀座のメンチカツ(笑)』 谷中霊園の桜は、上野公園の混雑の中でせわしく見物した桜に比べ、落ち着いた雰囲気の中で鑑賞できましたよ♪ 上野が「動の桜」、谷中霊園が「静の桜」といった感じかな。 さて、このとき谷中霊園へ行ったのは、もうひとつ別の目的もあったからです。 それは、徳川慶喜のお墓を見に行くことでした。 そう、谷中霊園には江戸幕府十五代将軍、「最後の将軍」と称される徳川慶喜公が眠っているんです。 興奮するでしょー? え、別に? (;^ω^) ■ 徳川慶喜ってどんな人? これはボクがずっと気になっていたことです。 慶喜は、愚将であったという評価と英雄であったという評価、全くの両極端があるんです。 愚将派の意見一例 ・鳥羽伏見の戦いで戊辰戦争の火ぶたが切られるや、戦場である京都から大阪、そしてすぐに江戸(東京)まで逃げ帰ったこと その後もひたすら戦いから逃げて明治の世まで生き延びることができました。 英雄派の意見一例 ・長州が京都に攻め入ったときに、京都御所(天皇がいるとこ)にて、馬に乗り、先陣を切って長州軍と戦ったこと 戦場で先頭に立って軍を指揮し、自らも切り込む勇猛ぶりを見せた歴代徳川将軍は、後にも先にも慶喜ただ一人だそうですよ。 うーん(◎_◎;) 慶喜って、戦いを必死に…

続きを読む

人気記事