Googleアドセンスで出てくる怖い広告はブロックじゃ!!

GoogleAdsenceApproved.JPG

みなさん、こんにちわ。
最近ブログを書くのが楽しくなってきた
あきらむです。
(更新スピードは相変わらずアレだけど・・・)

ボクカメラではGoogleアドセンスを利用させていただいております。
こんな雑多でテーマもぶれぶれなブログで、頑張って適した広告を表示してくれようとしているGoogleアドセンスがボクは好きだーっ!

って。

そんなわけで今回も遠慮なく雑多ぶりを発揮していきたいと思います。

怖い広告.PNG

最近、ボクカメラを覗いてみると広告が怖いマンガであることが多いとホウボウからクレームをいただくようになりました。

ホウボウはウソです。
盛りました。
そんなに見てもらっていません(涙)

けど、確かに怖い広告が表示される頻度が多い気がします。

夏だから・・・?

いやいやっ!
ボクカメラは健全な老若男女のためにあるブログなのだー!

というわけで、広告ブロックをやってみましたよ。

■ 設定はとてもカンタン♪

「そもそも企業様の広告を表示させていただくだけで恐れ多いことなのに、ブロックたぁ、イイ度胸だぁ!」

と、思うのですが、ゴメンナサイ、ホントに怖いんです。。。

Adsence管理画面.JPG
『https://www.google.co.jp/intl/ja/adsense/start/#?modal_active=none』

さて、Googleアドセンスの管理画面にやってきましたよ。
ここで、「広告の許可とブロック」を選択。

広告の許可とブロック.JPG

「広告主のURL」タブを選択します。
ココの画面では、特定のURLを指定するとそのページの広告がアドセンスでブロックする設定が可能なんです。

ブロックされる範囲.JPG

ヘルプからの抜粋です。
メインページのURLを指定しておけば、その配下のページは全てブロック対象になるようです。

とにもかくにも、「広告の許可とブロック」画面でURLを指定して、保存すれば完了です♪
ボクカメラで怖いマンガの広告が表示されなくなりましたよ。
(2週間様子見をした)

「でもぉ、ブロックしたい広告のURLってどうやって調べるのよ」

そうなんです。
アドセンスやっている人にとっては常識ですが、アドセンスは基本ルールとして、ブログ管理者が自分のブログのアドセンス広告をクリックすると罰せられるんです。
アドセンスの停止というもっとも重い罰・・・。

ボクの場合、広告を見て端っこの方に企業名とかリンク先のサイト名なんかが記載されているのを見つけて、それでググる!
そのサイトを表示させて、トップページのURLをブロック対象としちゃう!!

原始的ですが、これで上手くいきました。
トップページさえブロック対象にしていれば、配下のページは全てブロック対象になりますからね。

ブロックできるジャンル.JPG

アドセンス広告のブロックの仕方は他にもあります。
「一般カテゴリ」「デリケートなカテゴリ」タブなんかはジャンルで指定するタイプ。

例えば、ボクカメラでは美容関係って全く無縁なんで、それ系の広告はブロックする、とか。
あと、見ると不快に感じる可能性のあるジャンルの広告をブロックする、とか。
ボクカメラに来ていただいて、不愉快な気持ちになっちゃうと二度と来てくれなくなっちゃいますからね。

けど・・・。
あんまりやり過ぎると「アフェリエイトで商品を直接指定したほうがいいんじゃない?」ってことになりかねないので、そこは上手くバランスとってやってくださいな。

ちなみにボクカメラでは、管理人が怖くて自分サイトを開くのがイヤになるような広告だけをブロックしています。

ボクカメラは健全な老若男女全ての方のためのブログですww
今後ともよろしくお願いいたしまーす♪

この記事へのコメント

人気記事